NEWS

やまなかデンタルクリニック
ブログ

危ない口呼吸

三重県保険医協会からの医療情報の抜粋(一部改)です

最近、口呼吸される方が増加しています。本来口は食べ物を噛むため、発音するための器官で、鼻は息をする器官です。口呼吸をすると口ではどんなことが起こっているのでしょう。

  1. 口を閉じると舌先は上の前歯裏の歯茎近くに当たり、また下の前3分の1は上の顎につきます。口が開いた状態ですと舌の先は下の前歯について下の歯並びの中にあります。そのまま上を向くと舌が落ち込み舌の先は歯に当たらなくなります。つまり口を開けて眠ると舌が落ちて気道が狭くなり、十分に酸素を取り入れずらく良好な睡眠がとれなくなります。
  2. 口呼吸は外気が直接入るので、湿気が必要な口の粘膜は乾燥してしまいます。そのため粘膜は厚く硬くなり、唾液の流れも悪くなり、口の中が綺麗にならず口呼吸性の歯肉炎になります。
  3. 口の中には多種の細菌が存在しています。それらはお互いバランスをとって共生しています。外部から他の細菌が侵入した時には、バリアとして機能します。ところが、乾燥が起こり口の環境が悪化すると、有害な細菌が増え、むし歯や歯周病、舌痛症、全身に関わる病気の原因となったりします

 

最近の投稿
2019年4月
3月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
ページの先頭へ戻る